みぞうのふきょう。


by tomo_macintosh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:こんぴゅーた( 12 )

漂うように、ある

c0064899_1044272.jpg

今日しかできないこのネタ。更新はとびとび、でも今やるしかない!(笑)

明日はサンフランシスコで開かれているMac World 2008でスティーブジョブズによる基調講演があります。ご存じない方には何のことだか全く不明でしょうが、アップル、マック(マッキントッシュ)、iPod、iPhoneといえばお分かりでしょう。そのアップルが年に一度開催しているエキスポです。

私は名古屋の研究施設へ出向中に初めて出会った真四角なMac(実際にはIIcxという機種でした)でいとも簡単にきれいなグラフが出力できるのに感激して以来、コンピュータと言えばMac、で通してきました。独身貴族?だったのをいいことにローンでIIsiを購入して以来、PCユーザの冷たい目も気にせず(笑)時には周囲の人を勧誘しつつ(笑)やってきました。

いまだにインテルMacには進化できていませんが、激安で手に入れた中古のPCを除けば、Mac一筋でやってきたわけです。とは言え、Macでなければできない作業はあまり多くなくなり、むしろPCでしかできない、もしくはPCでならタダで比較的容易にできることが多いのも事実。ともすればネットはPCの方がずっと快適だったりしますし。

そんなこともあってか、近年は以前ほどMac小僧ではなくなっていて、ネットの端末としてだけ使うのならばPCもありかな?なんて考えてしまう自分なのですが、それでもMac Worldの発表は気になります。去年はiPhoneが発表され、発表後内容を把握して興奮し、ラボの学生にどんなにイカしたモノか、熱弁をふるって引かれました(笑)。

超軽量のMacBookが出るとか、iPhoneやiPod touchのようなタッチ式のラップトップが出るとか、いろいろな噂が飛び交っていますが、さて本当はナニが出てくるのでしょうか。

もう一つ、プレゼンが大事なお仕事の一つであるケンキュウシャにとってジョブズのプレゼンはいい勉強になります。とはいえサイエンスのプレゼンとは若干違う気もしますが、スライドであるとか間の取り方であるとか、学ぶことが出来ることはたくさんあります。ジョブズの人となりもとても面白いです。

さあ。
[PR]
by tomo_macintosh | 2008-01-15 11:24 | こんぴゅーた

わたしのアップル度

ささや〜かな忘年会をしました。リキを入れて大掃除をしたので結構気分良く客人を迎えることができました。先日お呼びしたKさん、掃除前ですみませんでした(笑)

かつては毎週仲間と一升瓶を空けていたものですが、今では年に数えるほどしか日本酒を飲む機会はありません。日系スーパーで「初孫」を買ってみました。本年度全米利き酒大会で金賞を受賞した、と出ていたので買ったのですが、ちょっとググったくらいでは探せませんでした。単なる宣伝文句? それでもほどよく辛くて飲みやすく、720mlが短時間でなくなりました。魚と日本酒、美味しかったです。

ついつい話が面白くて聞き役に徹してしまいました(いつもか)が、もう少しこっちの話をすれば良かったかな、とちと後悔。ま、また飲みに誘って貰うことにします。うまくいくといいな、と思いました。

さて、おそらくこれが2007最後の記事になることでしょう。
ふと見つけたコレ、貼っておきます。かつては8〜9割だった自信?があるんですが、昨今のマックはもはや「マックでなけりゃ」という気持ちは強く持てません。来年は何かサプライズがあるのかな?

62%How Addicted to Apple Are You?

Find Ultrasound technician training near you


[PR]
by tomo_macintosh | 2007-12-30 17:19 | こんぴゅーた
捨てても捨てても後から後からやってくるゴミメール。いったいどこの誰がこんなのにひっかかっるんだろう、とは思いつつもひたすら捨てるしかないのが何とも悔しい。

Mac OS X標準のMailというソフトは初期段階でこうした迷惑メールを学習させることができる様になっていますが、ラボにある大福iMacは初期段階での教育に失敗したのか、自宅でははじいてくれるメールもしっかり受信フォルダに仕分けされてしまってウザイ事この上なし。早い段階での学習って大切なんですね(笑)。

以前LiLA管理人さんにはThunderbirdを勧められたのですが、まだ試していません。ネタフルという超有名サイトの記事で転送を使ってGmailをスパムフィルターにする方法が紹介されていましたが今ひとつ。

でも、確かにGmailのスパムフィルターは感心するほど優秀。学習能力が上のOS XのMailが通してしまうようなスパムもほとんど漏れてくることがありません。どうにかしてこのフィルターを使いたい。ということで徘徊しているウチにGmailでPOPサーバにアクセスできる、というネタを発見! (すみません出所は失念してしまいました)

こりゃあやるしかないだろ、というのでやってみました。Gmailのアカウントを持っている、というのは大前提です。Gmailを開いた状態で右上のSettingsをクリック、設定ページを開きます。
c0064899_16423354.gif

設定にはいくつかタブがありますが、その中のAccountsをクリック。
c0064899_16424658.gif

Get mail from other accounts:
(download mail using POP3)
というところ(2段目)の
Add another mail account
をクリックすると、設定ウィザードのようなものが出てきます。
c0064899_16425626.gif

ちなみにGmailに加えて5つのアカウントまで同時にチェックできるようです。ちゃんと設定してやればそのアカウントからのメールとしてメールの送信も出来ます。設定する際にはPOPサーバを知っている必要がありますが、ラッキーだったのか、UCLAの場合、何もいじらずにそのままで設定できてしまいました。

これで複数のアカウントを一括してGmailで送受信できるようになります。サーバーに残っている分を受信してみた結果、ほぼ半数が見事にスパムメールとして仕分けされました。スパムの中には若干メールニュースが含まれていたので当初は修正が必要なようですが、さすがGmail、inbox側にはスパムがほとんど混在していませんでした。

残念なことに、受信以降はMailのようなフォルダ分け等の使い勝手が若干劣るような気もするGmail、慣れの問題もあるかもしれないので今後はもう少しうまく使えるようになる必要がありそうです。
[PR]
by tomo_macintosh | 2007-03-31 17:13 | こんぴゅーた

PDF Makerを消し去る

バックグラウンドが高い・ヘンな模様が出てしまう、そんなウェスタンは何ともいえず悔しい思いをするモンですが、キレイさっぱりなーんにも出ないウエスタンはひたすら凹みませんか。あー時間かけたのに・・・って分からない人にはサッパリでしょうね(笑)。

さて、グリーンカード申請の手続きがどうにかこうにか済み、あとはお沙汰を待つだけになったのはいいんですが、仕事がアレやコレやとあっててんやわんやですわ(笑)。訳あってMSワードで文書を作っているんですが、ワードで図を文中にレイアウトするのは拷問ですね。拷問といって悪ければ性悪女?(笑)もっと悪いか。

あれだったら以前に使っていたPage MakerやらQuarkXpressの方がなんぼかまし、というか比べモンになりません。だいたい文書に図表をレイアウトするのに、どうしてページじゃなくてパラグラフとリンクさせるんだろう?百歩譲ってそれでもいいとして、どうしてとんでもないところに図表をすっ飛ばす?やってるとアタマがおかしくなりそうだったので、とりあえずバラバラに作っています。

MSオフィスといえばもう一つ厄介なのが、どうやらAdobe Acrobatをインストールした際に一緒にインストールされたらしい、PDFMaker。PDFらしきアイコンが二つだけあるツールバーアイテムなんですが、邪魔でしょうがない。そもそもMac OS Xはどのソフトでも印刷する際にPDFを作れるので必要ないんです。

ツールバーのメニューでチェックをはずすと消えてはくれるんですが、ソフトを立ち上げ直すとご丁寧に復活。これをどうやったら抹殺できるのか(笑)、いろいろいじってみた結果・・・

"/Applications/Microsoft Office X/Office/Startup/Excel"
"/Applications/Microsoft Office X/Office/Startup/PowerPoint"
"/Applications/Microsoft Office X/Office/Startup/Word"

上記のフォルダにそれぞれ入っている
PDFMaker.dot
PDFMaker.ppa
PDFMaker.xla

というファイルを他の場所へ移動すると現れなくなるんですが、

一つ上の階層の
"/Applications/Microsoft Office X/Office"
の中にある
PDFMakerLib
というライブラリファイルを移動すると、一発で出なくなりました。よっしゃ。アプリケーションの起動も心持ち早くなります。
[PR]
by tomo_macintosh | 2007-03-03 08:37 | こんぴゅーた
いつから始まったんだろう? 少なくとも今までTVで見てません。と言っても、あまりアメリカのTV番組見ないからなあ。

マック派の方も、PC派の方も、是非ご覧あれ。まあ、内容はともかく。Network編が秀逸です。おもしろい。発音もキレイだ。クパティーノ在住の人かな?(笑)

追記:リンク忘れてましたよ。抜けてるなあ。あと女性の最後の一言にも注目です(笑)

c0064899_12325011.jpg
[PR]
by tomo_macintosh | 2006-05-06 12:33 | こんぴゅーた
Mac OS X の純正アプリ、Preview.appについてのTips。ってこんなのTipsになるのかどうか怪しいけれど。

OS Xでブラウザで文献検索をし、お目当ての論文を見つける。重要度やUCLAの図書館が購読手続きしているかにもよるけど、可能であればPDFをダウンロードしてPreview(プレビュー)で開く。

読んだり印刷するだけならばそれで十分。ことは足りる。しかし、論文によっては本文中にキーワードなり人名を探す必要がある。そもそも昔は隅から隅まで読まなければ見つけられなかったのだから、その便利さに感謝すべきなんだろうけれど、Preview(プレビュー)で検索をした際の表示が曲者。

検索をすると左右どちらかに検索結果が表示される。それぞれの検索結果をクリックしても本文中には淡いグレーで表示されるだけで非常に見にくい。特に、小さい文字で表示したり、モニタ回りの光線によっては相当見つけづらい。

そこで、そんな時は本文のウインドウをクリックする。すると、システム環境設定のアピアランスで設定したカラーにハイライトされる。なんぼか見やすい。ただし、ツールモード(ウィンドウ上段のツールバーの中程。十字形の矢印、Aの文字、点線の四角のアイコン)がA(テキストツール)だとハイライトが消えてしまうので、それ以外である必要がある。

その後は検索結果を表示しているタブに戻らずにコマンド-Gで「次を検索」を使えば、設定したカラーでハイライトされていく。Preview(プレビュー)内の設定でこれを変更することはできないみたい。いろいろ探しまわっての結論が以上です。
[PR]
by tomo_macintosh | 2006-05-05 12:05 | こんぴゅーた

原因は苦情?

えー当分エントリは控えようかと思っていたんですが。ちょっと捨て置けない?ネタを見つけたもので。

それは。Intel MacでWindowsを走らせよう!by Apple。AppleですよApple。なんでやねんApple。どうしたんだApple。というわけ。

一番始めに目にしたのはお宝鑑定団の記事を目にしたクマデジタルさんの記事。ほんとエープリルフールかと思った。ちなみにお宝・・・は最近見ていなかったけど、以前はネットにつないで最初に見るページの一つだったMac使いには超有名なページ。そしてクマデジタルさんは結構前からのファン。最近もA3のインプレを羨ましく読ませてもらった(笑)。

c0064899_12445730.gifちなみにこちらがこのニュースを伝えるBBCの記事。R君が教えてくれ、ひとしきりどういう理由なのかを熱くディスカッションした(笑)。Appleにとってのメリットは。いろいろ頭を巡らせてみたが思いつかない。BBCの記事には窓ユーザからのスイッチを促すのだ、なんて副社長のコメントが載っていたがホンマかいな?どう考えてもデメリットの方が多そうだ。OS XとXPはそれぞれ別のパーティションにインストールされ、アプリケーションが共用できるとは思えない。ということは、個人で揃えたら一台のコンピュータに二台分の費用がかかる。

Googleがアプリケーションサーバのようなアイデアを持っている、なんてどこかで読んだような気もするが、まだ先の話だろうし。で、思いついた理由。そう、アメリカの消費者の気質を最大限に鑑みると(笑)。単なるクレームに対する対応(笑)。「何でIntelチップのパソコンなのにWindowsが動かないんだ!」「IntelチップだったらWindowsが動かないなんてオカシイわ。使えないなら返品したいんだけど。」そういうクレームにサポートがネをあげたとか。どうだろう。

しっかし、30周年記念Macの期待を見事にはぐらかし、一方ではDisneyにPixarを売ってDisneyの個人最大株主となり・・・やってくれますなあJobs。次は一体何を見せてくれるんだ?
[PR]
by tomo_macintosh | 2006-04-06 12:57 | こんぴゅーた

ちょっとしたハケーン

Mac OS X付属のメールソフト、Mailを使っていて気がついたちょっとした発見。英文入力に限られるようだけど、数文字タイプしてエスケープキーを押すと・・・ずらずらずらっと入力候補が表示される。日本語入力の際の変換候補みたいな感じ、とでも言ったら想像しやすいだろうか。

この変換、MailとTextEditでは使えるようだけど、Safariでは機能していないようだ。もっとも、以前なんとか見つけ出したようにSafariでこの手の機能を使おうとするとモッサリしてくるようなので使えない方がいいのかも。

今使っている携帯でも似たような機能(文字入力の際先読みして入力候補を表示してくれる)が付いているけど、あまり役に立った覚えがない。ちょっと試したところではWordでは機能しないようだし、残念ながらこの変換機能、自分にはあまりお役立ちの機能にはならないようだ。過去に入力した単語も一覧に入っているようなので、長い単語とか略語とか、そういう単語の入力には便利かもしれないが。

それにしても、キーの打ち間違い(笑)でこんなハケーンがあるってのがいかにもMac的じゃああ〜りませんか。

c0064899_4361625.jpg

ちなみにこのキャプチャ、Capture Meというのを使った。いいわ、これ。Freewareだし。OS X標準のキャプチャ(command+shift+4)だと変換候補の一覧がキャプチャされないし。
[PR]
by tomo_macintosh | 2006-02-10 04:29 | こんぴゅーた
さんざ物議をかもしたAppleの発表、ビデオ再生に対応した新しいiPodの発表だった。去年の10月、iPod Photoを発表したとき、「動画は大きすぎるし、重い上にプレーヤの画面は小さい」と言っていたのに。さすがJobs。このウソツキ(笑)

半分の年齢の学生とも思わずしみじみと話してしまったけれど、ホントこの数十年の進歩はどうだろう。この前もちらっと書いたけど、IIsiでパーソナルなコンピュータ生活=パソコン生活=Mac生活を始めた時は、RAM 5MB、HD 100MBだった。RAMはともかく、HDは100GBじゃなくてMB。RAMをいっぱいいっぱいの17MB(=1+4X4)にするのに何万円も必要だった。

高くて手が出なかった28800bpsのモデムを横目で見ながら14400bpsのモデムでパソコン通信を始めたのが確かLC630の頃、今思うと数百キロバイトのファイルをダウンロードする間、誰かから電話がかかって来て接続が切れないようにハラハラしていたのは何だったんだ?と思うくらい雲泥の差だ(笑)。

あの頃、電話を使って音楽配信なんてどうだろう、なんて漠然と思っていたけれど、ビジネスモデルも何もなかったから?何も起きなかった。インターネットなんて言葉だってまだなかったし。職場の同僚が「そのうち音楽をキャラメルくらいの大きさのものから聞けるようになる時代が来る」なんて言っていたっけ。ホントにそうじゃん(笑)iPod Shuffleなんてそのもの。

だから、ビデオiPodが出た今、Jobsは「音楽が中心なのは変わらない」なんて言っているらしいけど、全然信用ならない(笑)。iTMSならぬiTVS(Video)またはiTMS(Movie)が展開されるのは遠い将来じゃないのでは?既に短編等は売ってるし。より高度な圧縮技術か、(日本並の?)より高速なネットワークか、その両方が揃えば下地は十分なはず。絶対狙ってるって(笑)。
[PR]
by tomo_macintosh | 2005-10-14 12:41 | こんぴゅーた

レインボーカーソル

ふと気付けば、いつの間にやらマック(OS X)のレインボーカーソルに悩まされることがなくなった。ま、今でも時々くるくるしているけれど、以前のように数十秒〜体感的には一分以上、待たされるようなことはなくなった。以前は最も頻繁に使うPubMedや英辞郎で検索する度にイライラさせられていたのでだいぶ楽になったと思う。こういうのは分かった気になって後で忘れるのが目に見えているので備忘録。最近その度合いが激しいし(笑)

結局一番役に立ったかな、というのはアップルのDiscussion Boardsにある「Mac OS X の使い方」(10.3 - Panther)。ここで「虹色カーソル」とか「レインボーカーソル」等と検索して調べまくった。中には見るからにFAQもあるけれど、それでも回答は役に立つ。素晴らしい。"コメント書き込み隊"(だったっけ?)とか懐かしいのも見かけたし。ありがたいこった(以前NIFTYのMacフォーラムで活躍されていた方だと思う)。

全部を見ている時間はとてもないけれど、IIsiをローンで買って、Macを使い始めた最初の頃、いじり倒すくらいしか(理解する)解決法がなかったのに比べるとすんごい楽だ。残念な事に?こういうのはある程度分かってからでないと読んでもチンプンカンプンなんだけど。ま、習うより慣れろ、というではないか(何を言っているんだ?)。渡米する前にいた会社ではMacの先駆者ではあったけど熟達者ではなく、もっぱら周りの人にスキルは頼っていた。みんな、元気かな。教えて欲しい、OS XのTips。

では肝心の具体的な手段。
1. まずSafariの“Preferences...”(初期設定)にある“AutoFill”(自動入力?)で“Other Forms”(他のフォーム?)を切る(チェックをハズす)。
2. 次に(1.をした上で本当に必要かどうかは?だけど)users>(ユーザ名)>library>safari(フォルダ)にあるForm Valuesというファイルを消去(実際には移動、戻せるように)。ちなみに他にはIcons、Downloads.plist、dataなんとか、History.plistそしてBookmarks.plistといったファイルがある。

これだけ(だったハズ)。1.は住所・所属とか、アカウントが必要なサイトにおけるIDとパスワードを自動的に入力してくれる機能だけど、検索欄とかの入力事項も蓄えていて、検索する度に書き込んだり参照したりで時間がかかったのかも。2.は1.の情報を蓄えておくファイル、だと思う。とまあ、あやふやな基準ではあるけれども、今のところ有効な対処法だった。(その代わり、PubMedの検索語が最初の数文字で候補が表示されるような便利さは失われる)
[PR]
by tomo_macintosh | 2005-10-06 19:00 | こんぴゅーた