「ほっ」と。キャンペーン

みぞうのふきょう。


by tomo_macintosh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

50ミリリットルの謎

50ccとも言いますね。余談ですがこっちではccって通じない気がします。

うちのラボの培養室にはちとシャレた冷蔵庫があって、扉がガラスで中が見えるようになっています。え?大したことないって?まあフツーの冷蔵庫よりは閉めたまま中身が見えていいでしょ。培養室なので中身はメディウムと呼ばれる培養液がほとんどです。中には血清なんてのもありますが、これは培養液に足す栄養剤のようなもの。カビないように抗生物質なんかもあります。

培養液は小分けにして使ったり、特殊な用途に使うために小分けにする人がいます。なので、小分けにした培養液や溶液を入れたチューブをたてておく発泡スチロールの型が置いてあります。余談ですが発泡スチロールって最初何て英語で言うのかとっても戸惑いました(単に知らなかったとも言う)。Styrofoamなんて言います。未だにスペルが覚えられません(笑)

以前からその発泡スチロールのラックにDMEMとかRPMIなどの培地名だけが書かれた50mlチューブがたくさんささっているのを知っていました。余談ですがこういう得体の知れない培地を手にした時、大抵するのは振ってみること。泡が立つと上に書いた血清が足してある証拠ですので、だれかが小分けしたものだと察しがつきます。そのたくさんある50mlチューブは無記名・無記日?で誰がいつ何の目的で小分けしたのか、そしてなぜ小分けしたまま放置してあるのか、長い間謎でした。

それがつい先日ひょんなことから判明しました。ある大学院生、それももうすぐPhD修了か、というような学生の仕業だったことがわかりました。私t-macが新品の培地に血清を入れているのをたまたま目にしたその学生、
「そのまま50ml足すだけ?(正確に)10%にしないの?」
こっちは口をあんぐり。それでもすぐに事情は読めました。そして上に書いたたくさんの50mlチューブの正体も。彼は新品の500mlの培地のビンから50mlを抜き取ってチューブに入れておき、代わりに血清を50ml足して正確な10%(volume/volumeの)にしていたというわけです。

これって前に研究留学ネットのBioTechフォーラムでも見かけたことがあるんですが、私自身は全くの無駄だと思います。なんでそんなところに正確性が必要なんでしょう?そもそも血清なんてロットによって違うし、、、450mlの培地に50mlの血清を足すのと500mlの培地に足すのにどんな差があるって言うのでしょう?

それでも普段から超の付く几帳面で、どんな実験も隅から隅まで隙のない、そんな人間がしていることなら黙って見過ごしましょう。でも、普段から後片付けはしないし、無駄遣いも多いし、細胞の管理も杜撰だし…おっと、つい悪口を言ってしまいました。まあ中間管理職的な立場としては管理不行き届き、ではあるとは思うのですが、部下を管理しなくてはならない会社ではありませんし、「学生」ですから自ら考えてほしいもんですし…って思うんですが、これって逃げですかね。なんて悩みは誰もわかってくれないんだろうなあ。

余談ですが、勿体ないので50mlチューブをかき集めて500mlの培地ビンを作っちゃいました。あーすっきり。
[PR]
by tomo_macintosh | 2009-03-12 15:56 | しごと

やっと終わったよ・・・

ネタの前にひと言。虎之助のおかあたんとしてお知り合いになったナタリーさん、残念です。時々下さるコメントがとっても嬉しかったです。どうかお元気で。そしてまたいつか戻って来てくださるといいな。虎ちゃんや猪之助さんと。

先日愚痴った件ですが、やっと、というかついに全部終わりました。はい、まだ終わりきってはいなかったんです。入院(修理)中に借りたレンタカー代を払い戻してくれる、と書きました。修理が終わり、レンタカーを返し、速攻で領収書をFAXしたのが二月の第一週。

しょっ中せっついても(レスポンスがなくて)こっちがイライラするだけだと割り切っていたので、二月の半ばに「10日以上経ってるんだけどどうなってるの?」とメール。念のために領収書のスキャンも添付。見当たらない、なんて言わせないように(笑)。するとなんと数時間以内に返事が来てびっくり。でもその内容が
「Eメールを受け取って間違えて消しちゃったかどうか何だかよくわからないの、でも何も記録が残ってない…お詫びするわ。この払い戻しは今日中に処理するから1週間以内には届くと思うわ。」
複雑な気分(笑)ですが、速攻返事が戻って来たことで大分落ち着きました。

そして5日前。上のメールからは12日が経っているので、連中がよく使う"Seven working days"も十分に過ぎたはず。「一営業週間(?)経ったけど届きません。確認お願いします。」とメールしました。反応なし。二日後。「再度確認しますが、まだ支払いを受け取っていません。現状はどうなっているんですか?」 これまた反応なし。電話したらええんちゃう?と思いますか?過去何度か、いや10回近くかけたことがありますが留守電以外につながったことないんです。

で今日。それでもさすがに違う連絡手段をとるか、と思い直し電話。やっぱり留守番。この一週間怖い優しくも厳しいツマがプレッシャーを下さるのでストレス更に上昇…。どうしたろか、と思っていたらそのツマから連絡が。「チェックが届いたよ。」な、なに?ただその額は提出した領収書より90ドルほど低い。一日25ドル+TAXまでは出るって書いてあったのに…。あっ、そういえば。よく計算してみたら借りる時に念のためにかけた保険料が差し引かれた上での満額でした。あれッだけいいッ加減なくせにそういうッところは抜け目ないッ…!!。

かくして昨年11月に始まった事故騒動はようやく手続き終了とあいなりました。ここまで忍耐強く貰えるものは貰いきった自分にご苦労さんと言って今日は寝ます(笑)
[PR]
by tomo_macintosh | 2009-03-07 10:51 | くらし

毎年のお楽しみ

とはボス曰く。よい子のみんな〜、アブストラクトレビューのシーズンよ♪

ということで5月の末にある学会のアブストラクトを審査してみない?(しろとは言わない)という課題がボスから送られてきました。要は学会に参加すべく要旨を送ってきた応募者の審査を、本来審査するはずのボスではなく、我々ラボメンバーに振ってきたというわけです。いや、実際にはボスも目を通して各々の評価や採点と照らし合わせてみよう、レビューのお勉強をしよう、というわけでして。こういう時はボスも多少は後ろめたい、もしくは気が引けるのか、おふざけ気味のメールを送ってくることがあります。

この学会、もちろん我々ラボメンバーもつい最近応募したばかり。どこかでやはり同じように学生やポスドクが我々の出した要旨を読んでいるのかもしれません。発表要旨とはいえなんせ4ヶ月先の学会、ついつい今後の予定・目論見まで含めたくなるもの。実を言うと、個人的には去年の夏以降、あるハプニングがあって本来の仕事は棚に上がったままのワタクシ、思い切ってハプニングの方を発表内容にしちまいました。論文のネタにはなりそうもない気がしたからなんですが…。学会なら心おきなく?発表できますし(笑)。

要旨を眺めてみると、応募の時点でプロジェクトがキレイにまとまっていないのは自分だけではなかったようで、担当した9つのうち、そりゃ単なる今後の計画と希望的観測じゃ?てのが半分近くありました(笑)。日本からのもあったのですが、そのまま論文の要旨にじゅうぶんなりそうなものに思えたのは贔屓目のせいでしょうか、それとも本当にそのまま論文の要旨だったりして…。

何にせよ経過報告的な要旨を送ってしまった件のプロジェクト、ラボミーティングで発表するためにまとめていたらそれはそれで何とか形にできそうな気配。ミーティングの場でもボスがそれに同意してくれたようなので今後数ヶ月でまとめてみる方向に。何が起こるかわからないものです。いやいや、トラブルシュートが行き過ぎて本来のプロジェクトから外れてしまったネタをやらせてくれるボスに感謝しないといけません。
[PR]
by tomo_macintosh | 2009-03-01 10:50