みぞうのふきょう。


by tomo_macintosh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

50ミリリットルの謎

50ccとも言いますね。余談ですがこっちではccって通じない気がします。

うちのラボの培養室にはちとシャレた冷蔵庫があって、扉がガラスで中が見えるようになっています。え?大したことないって?まあフツーの冷蔵庫よりは閉めたまま中身が見えていいでしょ。培養室なので中身はメディウムと呼ばれる培養液がほとんどです。中には血清なんてのもありますが、これは培養液に足す栄養剤のようなもの。カビないように抗生物質なんかもあります。

培養液は小分けにして使ったり、特殊な用途に使うために小分けにする人がいます。なので、小分けにした培養液や溶液を入れたチューブをたてておく発泡スチロールの型が置いてあります。余談ですが発泡スチロールって最初何て英語で言うのかとっても戸惑いました(単に知らなかったとも言う)。Styrofoamなんて言います。未だにスペルが覚えられません(笑)

以前からその発泡スチロールのラックにDMEMとかRPMIなどの培地名だけが書かれた50mlチューブがたくさんささっているのを知っていました。余談ですがこういう得体の知れない培地を手にした時、大抵するのは振ってみること。泡が立つと上に書いた血清が足してある証拠ですので、だれかが小分けしたものだと察しがつきます。そのたくさんある50mlチューブは無記名・無記日?で誰がいつ何の目的で小分けしたのか、そしてなぜ小分けしたまま放置してあるのか、長い間謎でした。

それがつい先日ひょんなことから判明しました。ある大学院生、それももうすぐPhD修了か、というような学生の仕業だったことがわかりました。私t-macが新品の培地に血清を入れているのをたまたま目にしたその学生、
「そのまま50ml足すだけ?(正確に)10%にしないの?」
こっちは口をあんぐり。それでもすぐに事情は読めました。そして上に書いたたくさんの50mlチューブの正体も。彼は新品の500mlの培地のビンから50mlを抜き取ってチューブに入れておき、代わりに血清を50ml足して正確な10%(volume/volumeの)にしていたというわけです。

これって前に研究留学ネットのBioTechフォーラムでも見かけたことがあるんですが、私自身は全くの無駄だと思います。なんでそんなところに正確性が必要なんでしょう?そもそも血清なんてロットによって違うし、、、450mlの培地に50mlの血清を足すのと500mlの培地に足すのにどんな差があるって言うのでしょう?

それでも普段から超の付く几帳面で、どんな実験も隅から隅まで隙のない、そんな人間がしていることなら黙って見過ごしましょう。でも、普段から後片付けはしないし、無駄遣いも多いし、細胞の管理も杜撰だし…おっと、つい悪口を言ってしまいました。まあ中間管理職的な立場としては管理不行き届き、ではあるとは思うのですが、部下を管理しなくてはならない会社ではありませんし、「学生」ですから自ら考えてほしいもんですし…って思うんですが、これって逃げですかね。なんて悩みは誰もわかってくれないんだろうなあ。

余談ですが、勿体ないので50mlチューブをかき集めて500mlの培地ビンを作っちゃいました。あーすっきり。
[PR]
# by tomo_macintosh | 2009-03-12 15:56 | しごと

やっと終わったよ・・・

ネタの前にひと言。虎之助のおかあたんとしてお知り合いになったナタリーさん、残念です。時々下さるコメントがとっても嬉しかったです。どうかお元気で。そしてまたいつか戻って来てくださるといいな。虎ちゃんや猪之助さんと。

先日愚痴った件ですが、やっと、というかついに全部終わりました。はい、まだ終わりきってはいなかったんです。入院(修理)中に借りたレンタカー代を払い戻してくれる、と書きました。修理が終わり、レンタカーを返し、速攻で領収書をFAXしたのが二月の第一週。

しょっ中せっついても(レスポンスがなくて)こっちがイライラするだけだと割り切っていたので、二月の半ばに「10日以上経ってるんだけどどうなってるの?」とメール。念のために領収書のスキャンも添付。見当たらない、なんて言わせないように(笑)。するとなんと数時間以内に返事が来てびっくり。でもその内容が
「Eメールを受け取って間違えて消しちゃったかどうか何だかよくわからないの、でも何も記録が残ってない…お詫びするわ。この払い戻しは今日中に処理するから1週間以内には届くと思うわ。」
複雑な気分(笑)ですが、速攻返事が戻って来たことで大分落ち着きました。

そして5日前。上のメールからは12日が経っているので、連中がよく使う"Seven working days"も十分に過ぎたはず。「一営業週間(?)経ったけど届きません。確認お願いします。」とメールしました。反応なし。二日後。「再度確認しますが、まだ支払いを受け取っていません。現状はどうなっているんですか?」 これまた反応なし。電話したらええんちゃう?と思いますか?過去何度か、いや10回近くかけたことがありますが留守電以外につながったことないんです。

で今日。それでもさすがに違う連絡手段をとるか、と思い直し電話。やっぱり留守番。この一週間怖い優しくも厳しいツマがプレッシャーを下さるのでストレス更に上昇…。どうしたろか、と思っていたらそのツマから連絡が。「チェックが届いたよ。」な、なに?ただその額は提出した領収書より90ドルほど低い。一日25ドル+TAXまでは出るって書いてあったのに…。あっ、そういえば。よく計算してみたら借りる時に念のためにかけた保険料が差し引かれた上での満額でした。あれッだけいいッ加減なくせにそういうッところは抜け目ないッ…!!。

かくして昨年11月に始まった事故騒動はようやく手続き終了とあいなりました。ここまで忍耐強く貰えるものは貰いきった自分にご苦労さんと言って今日は寝ます(笑)
[PR]
# by tomo_macintosh | 2009-03-07 10:51 | くらし

毎年のお楽しみ

とはボス曰く。よい子のみんな〜、アブストラクトレビューのシーズンよ♪

ということで5月の末にある学会のアブストラクトを審査してみない?(しろとは言わない)という課題がボスから送られてきました。要は学会に参加すべく要旨を送ってきた応募者の審査を、本来審査するはずのボスではなく、我々ラボメンバーに振ってきたというわけです。いや、実際にはボスも目を通して各々の評価や採点と照らし合わせてみよう、レビューのお勉強をしよう、というわけでして。こういう時はボスも多少は後ろめたい、もしくは気が引けるのか、おふざけ気味のメールを送ってくることがあります。

この学会、もちろん我々ラボメンバーもつい最近応募したばかり。どこかでやはり同じように学生やポスドクが我々の出した要旨を読んでいるのかもしれません。発表要旨とはいえなんせ4ヶ月先の学会、ついつい今後の予定・目論見まで含めたくなるもの。実を言うと、個人的には去年の夏以降、あるハプニングがあって本来の仕事は棚に上がったままのワタクシ、思い切ってハプニングの方を発表内容にしちまいました。論文のネタにはなりそうもない気がしたからなんですが…。学会なら心おきなく?発表できますし(笑)。

要旨を眺めてみると、応募の時点でプロジェクトがキレイにまとまっていないのは自分だけではなかったようで、担当した9つのうち、そりゃ単なる今後の計画と希望的観測じゃ?てのが半分近くありました(笑)。日本からのもあったのですが、そのまま論文の要旨にじゅうぶんなりそうなものに思えたのは贔屓目のせいでしょうか、それとも本当にそのまま論文の要旨だったりして…。

何にせよ経過報告的な要旨を送ってしまった件のプロジェクト、ラボミーティングで発表するためにまとめていたらそれはそれで何とか形にできそうな気配。ミーティングの場でもボスがそれに同意してくれたようなので今後数ヶ月でまとめてみる方向に。何が起こるかわからないものです。いやいや、トラブルシュートが行き過ぎて本来のプロジェクトから外れてしまったネタをやらせてくれるボスに感謝しないといけません。
[PR]
# by tomo_macintosh | 2009-03-01 10:50
私めの研究分野にとっては欠くことの出来ない解析機器、イメージング機器が去年の暮れから今年にかけて大移動をしました。ウエストウッド沿いの建物の地下から、坂を登ったあたりに最近出来たCNSI(The California NanoSystems Institute)のビルの地下に移動したのです。といっても知らない人には何のことかサッパリ分からないでしょうね。すみません。でも、これまで比較的近くで便利だった施設がちょっと離れたトコロに行ってしまったのです。

イメージングってのは、こんなのや
c0064899_847266.jpg

こんな画像
c0064899_847453.jpg

を撮るためのものでして、特に下のヤツは臨床で使われているものと同じ原理の、動物用のミニチュアのようなものです。これまでは上図の光学イメージングの機器が3つ、下図のPET+CTイメージング機器が一組、だったのですが、光学が2つ、PETが2つにCTが1つ、という構成で新しく稼働することになったようです。

これまでの部屋から一気に数倍の広さになったので、同時に観測することになる他の人たちとお互いにあまり干渉せずにすみそうで、それはよかったのですが、何せ予定通りにコトが運ぶということが滅多に絶対にないわけで、イメージング機器はほぼ全て準備OKなのに対して観察する当の動物たちを収める動物舎の準備がまだ。数週間以内には、と言っているので二ヶ月くらいは見た方がいいかも。

そんなわけで現在は外から動物を持ち込まなければいけないのですが、このCNSIというビル、他に比べてセキュリティがめちゃ厳しい。この間も目の前の人が入館ならぬ、ということで追い返されてました。動物の持ち込みも搬入口からにしろ、と受付で言われるもイメージング室の責任者には正面にしてくれ、と言われてしまいました。(でもラボマネージャは彼の言うことは聞かなくていい、なんて言ってましたが)

動物舎さえ準備が出来ればこれまでよりはずっと便利になるはず。早く出来ないかな〜、と待っているやり何なのでした(今日のワンコ風)。
[PR]
# by tomo_macintosh | 2009-01-30 03:29
はぅあ!気がついたら1月も末だし未だに「あけまして…」なんて書いてあるのがトップだし…なんて恥ずかしい。というわけで年始のご挨拶を下方においやるべく…

接触事故とその後の余計なエクストラ
あれは去年の11月半ば、ラボに突然電話が。「ぶつけちゃった…」
ずざっと音を立てて引く血の気。今を去ること6年ほど前、2007年カナダGP・クビサの大クラッシュに負けるとも劣らないクラッシュ(あくまでも自分にとっては、ですが)を演じたことのあるXOXO。
しかし幸いなことに聞いてみると大したことはない。後はいかにスムーズに相手との交渉をまとめるかのみ。あまりおつむの良さそうでない若い女なのが多少気になる。
こちらが交差点を渡りきった後に左側のスタンドから反対車線を横切って飛び出してきたクルマの助手席(右側)とこちらの運転席側の鼻先(フェンダー+バンパー)が接触。相手は二重黄色車線を横切って飛び出しているので論理的には相手の100%過失のはず。

事故直後、XOXOを罵った当事者(事故の相手)は事故以降全く連絡が取れなくなった。なので頼りは相手が残した保険会社の情報のみ。こっちは被害者なので待っていれば連絡してくれる…なんてことは全くないのでこっちから必死に連絡。すると最初に電話したところは「ウチはプライマリーじゃない。うちはセカンダリー。」
自動車保険は運転者ではなくクルマに付いてくるものが優先。相手の女は父親の車を運転していたので、教えられたものとは別の保険らしい。何とかプライマリーの保険会社と担当を探し当て、電話した。出ない。メッセージ残す。何も起こらないw。
何度か電話してメッセージを残すも一向に音沙汰なし。半分ぶち切れて厳しめのメールを送ると「メールでも電話でもどちらでも連絡を。月曜から金曜の…」全然効いて(聞いて)ない。

そんなこんなで遅れに遅れ、インスペクターがアパートにクルマを見に来たのは新年目前の12/30だったか…。一通り見て「XXXXドルです。一週間ほどで決定されると思います」と告げて去った。新年が明けて数日後、自分宛のチェックが届いた。ぶつかったままのクルマが多数走り回っているのはそういうことか…
事故そのものはほぼ円満に解決し、今現在我が家のエスちゃんは入院中。入院中に借りるレンタカーもあとで払い戻してくれることになっている。

一件落着と思いきや、不可解なことが。遡ること12月の半ば頃、ウチの保険会社から連絡が。「11月○○日、W市で事故に関係しませんでしたか?」は???である。ノーアイデア、ノークルー、全く身に覚えがない、ってのはどう言ったら良いんだろう?
保険会社の人曰く、かくかくしかじかという人が×年式ホンダアコードで事故を起こし、その人が提示した保険がウチのだったという…(!)幸か不幸か、W市はここからクルマで1時間はかかる場所。しかも月曜の夜9時。
結局保険会社もこっちの言うことを受け入れてくれたものの、楽しいはずのクリスマスの時期をずっと夫婦共々不安を抱えたまま過ごさざるを得ないことになってしまった。最終的に保険会社は(我々が)当事者ではない、として処理してくれたが、不信感はぬぐいきれない。○○日は上の事故のわずか3日後、というのが何かを意味しているのか。以上、年末に突然起きた後味の悪い話でした。
[PR]
# by tomo_macintosh | 2009-01-29 03:58

2009 元旦

  お  本  ご  お  あ
  願  年  ざ  め  け
  い  も  い  で  ま
  申  よ  ま  と  し
  し  ろ  す  う  て
  あ  し   ゜
  げ  く
  ま
  す
t  ゜




[PR]
# by tomo_macintosh | 2009-01-01 04:27
あっという間に12月が終わろうとしています。日本はこれをアップする頃、新年まで4時間ほどでしょうか、というタイミングです。

結局ブログはかなり疎かになってしまいました。今月も記事を一つ月初めに載せただけでそれきりです。日本のように忘年会だ年末行事だと追いまくられることも無いのですが、いろいろと重なって書けませんでした。

今年は特に追い込まれるものもなく、クリスマスも家族でのんびり、と思っていたのですが、思わぬ災難に襲われ、被害こそないものの、精神的に落ち着かない日々となってしまいました。顛末については是非書いておきたいとは思うのですが…。

ポリさんの来年の目標ではありませんが、今年一年は「健康」についていろいろと考えさせられました。しばらく会っていなかった母親に日本で再会した時、そのあまりの変わり様に胸に杭を打ち込まれた思いでした。癌の研究をしているはずの自分の余りの無力さに打ちひしがれました。

夏前には妻の胆石騒動がありました。お互い年齢を重ねているんだなあ、と痛感させられずにはいませんでした。一方で、余裕ある収入とは言えずとも、いざという時に頼りになる医療保険があることに感謝せざるを得ませんでした。

そして今、我が家の第一子とも言えるヒメがリンパ腫で下半身が不自由になりつつも妻の献身的な介護で頑張っています。日本から一緒に渡米してきた家族の一員です。息子にとってはお姉ちゃんです。猫ですが。日が燦々と当たる快適な窓際を与えてやれないまま10年余りが過ぎ去ろうとしています。

なんだか暗いエントリになってしまいましたが、それほど落ち込んでいるわけではありません。来年こそ、よい年になりますように。そして、こんなブログを読んでくださる、全ての方々にとっても良い年になりますように。
[PR]
# by tomo_macintosh | 2008-12-31 19:43